0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

歯のクリーニングでヤニ取りを~ホワイトニングじゃなくても大丈夫~

「禁煙をしたけど、歯のヤニが残っている…」「タバコはやめられないけど少しでも白い歯になりたい!」

あなたの歯のヤニ取りを行なう場合、どうすれば気になるタバコのヤニが取れるのかをお伝えします。

歯のクリーニングとホワイトニングの違い

pixta_20061267_S

歯を白く綺麗にするならホワイトニングそのように思っている方も多いと思いますが、ホワイトニングとは別に、クリーニングという手法もあります。

ホワイトニングとクリーニングの利用用途の違いを言うと、ホワイトニングは、歯自体が黒くなっている場合や歯自体を白くしたい場合に利用します。ホワイトニング液を塗布して着色を行います。車でいうとワックスやコーティングのイメージです。

クリーニングは、ヤニや歯についた表面の茶色っぽい色を落とすために行います。イメージは、強力な洗車です。タバコを吸ってつくヤニは、歯自体が茶色になっているのではなく、汚れが付いている状態のためクリーニングで落とすことができます。

多くは、1回で落とせますが、頑固なヤニの場合は2回、3回と来ていただく場合もあります。
ちなみにホワイトニング前にも歯のクリーニングは必須となります。

歯のクリーニングってどうやるの?

歯のクリーニングは、クリーニングペーストを歯に塗布し、専用の業務用電動歯ブラシで汚れを取ります。初めはプラスチックのチップを使ってヤニや汚れを取り、その後にゴムの電動ブラシで、葉と歯肉の汚れを落としていきます。その後歯のツヤ出しを行い、フッ素を塗布します。

歯のクリーニングは、ヤニや汚れを取るだけではなく、自分では磨ききれない歯と歯の間や届かない部分、歯と歯茎の隙間のポケットを綺麗にします。歯のクリーニングは3ヶ月に1度定期的に行うことが、歯にも歯茎にも良いと言われています。

ヤニや汚れを落とすクリーニングは基本1回、頑固な汚れは2回~3回となりますが、歯周病をよくするためのクリーニングもあります。この場合はクリーニングの回数が3回~4回になります。

歯のヤニ取りのクリーニングは、保険適応内

歯のクリーニングは保険適応内で実施することができます。歯医者によっては、保険適応外になる場合もあるので注意が必要です。保険適応内だと3000円前後、保険適応外だと1万円前後になるので、保険適応内の歯医者をお探しください。

大阪梅田から歩いて行けるスマイリー歯科では、もちろん保険適応内で行っています。

タバコのヤニは、タバコを吸うとすぐに着きます。
根本的に改善する場合は、禁煙することが必要なことを忘れないでいてくださいね。

歯のクリーニングのことなら、「ホームページ見た」とお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス