0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

虫歯は遺伝!?注意しなければならない虫歯の原因と予防

pixta_19572179_S

「親が虫歯が多いとその子どもも虫歯が多い…。虫歯って遺伝なのかな?」
こんな風に思ったことはないでしょうか?

まず、生まれた時から虫歯を持った赤ちゃんが産まれるということはありません。虫歯の原因となる虫歯菌は産まれてすぐの赤ちゃんの口の中にはいないからです。

じゃぁ「虫歯と遺伝って関係ないの?」というと一概に関係ないとも言い切れません。

歯並びが悪いなど、親の骨格が子どもに遺伝し、虫歯なりやすいor虫歯になりにくいというのは少なからずあるからです。でもそれ以上に、日ごろの歯磨き習慣などの予防が大切です。今回は親の虫歯が子どもに伝染する経路や予防法についてご紹介します。

遺伝ではなく虫歯菌が伝染する経路

子どもが虫歯になる理由の一つに、親の虫歯が伝染してしまったということがあります。例えば食事の時に、親が柔らかくなるまで噛んだものを子どもに与えてしまうと、親に虫歯があった場合、原因となるミュータンス菌をそのまま子どもにうつしてしまう危険があります。

同じ箸やスプーンを使って、子どもにご飯を与えるのも要注意です。子どもに食べさせるときは、別のものを用意しましょう。虫歯が遺伝することはありませんが、唾液から感染するリスクが高いのです。

キスから伝染する虫歯に注意

箸やスプーンを使い分けても、子どもが虫歯になったため、遺伝を疑う親御さんもいらっしゃいますが、もしかすると、キスが原因かもしれません。軽いキスからでも虫歯が伝染する可能性があります。自分からはしなくても、子どもからしてくることもあるでしょう。その時に、唾液から虫歯をうつしてしまうのです。

これは、子どもだけではなく、大人同士の場合も注意が必要です。自分は虫歯がなくても、パートナーに虫歯があると、虫歯菌が移ってしまいます。虫歯を患っている人とキスをした時などは、すぐに口をゆすぐほか、可能であれば歯も磨いたほうが良いでしょう。

甘いものが原因で虫歯になる

母親として気をつけなければいけないことに、子どもの甘いものの過剰な摂取には特に注意してください。子どもが喜ぶからとチョコレートやケーキなど、砂糖がたくさん入った食べものを与えていると、あっという間に虫歯になってしまいます。砂糖はミュータンス菌の好物です。

歯並びや性格の遺伝で虫歯になる

虫歯になりやすい親の子どもが、同じように虫歯になるのかというと、そうではありません。しかし、骨格は遺伝するため、歯が重なっている場合などは磨き残しから虫歯になってしまうことがあります。

また、歯磨きには性格も現れます。丁寧に磨ける性格もいれば、雑な人もいます。また、器用か不器用かによっても、虫歯のなりやすさに影響がでるでしょう。このあたりは遺伝によるところも考えられますが、それ以上に普段からの習慣が大切になります。

親が虫歯が多いとその子どもも虫歯が多い理由は、親の歯に対する意識が低いからというのも関係してくるでしょう。

今回は遺伝よりも気を付けなければならない虫歯の原因と予防方法をご紹介しました。

歯のことで不安がある…、虫歯を見つけた…、など歯に関することなら梅田の歯医者スマイリー歯科までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス