0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

歯並びが悪くなる!?生え変わり時期の指しゃぶりは要注意

指しゃぶり 歯並び

子どもの歯について疑問や悩みを抱える親御さんは多いでしょう。大人の歯以上に、子どもの歯は虫歯になりやすく、治療も困難なため、未然に防ぐ必要があります。

また、永久歯に変わるとき、気になるのが「歯並び」です。歯並びを悪くする原因のひとつに「指しゃぶり」が考えられます。今回は、生え変わり時期に注意することをご紹介します。

生えた歯を虫歯から守る

生え変わりの時期は、虫歯になりやすいため、チョコレートやキャラメル、飴など、砂糖を多く含んだおやつは控えたほうがよいでしょう。また、ジュースや炭酸飲料など甘い飲み物をはじめ、母乳と違い、人工乳も虫歯の原因になります。

4歳を越えるまでの歯は治療も困難なため、未然に虫歯を防ぐ生活習慣を心がけましょう。まだ歯磨きを使用できない時期は、水をつけたガーゼで拭うだけでも予防効果があります。歯並びを良くするためにも、せっかく生えてきた歯を守ることが大切です。

子どもの歯が少ない場合や多い場合

歯並びを気にされる方に、まずは確認していただきたいことがあります。乳歯は通常20本生えるのですが、最近、1~2本生えてこない子もいます。先天欠如歯という症状で特に心配はいりません。

反対に1本多い子もいるのですが、こちらは注意が必要です。上の歯の真ん中に出ることが多く、歯並びを悪くする原因になってしまうのです。永久歯に生え変わるときに抜けると良いのですが、抜けない場合は一度歯医者さんで観てもらったほうが良いでしょう。

指しゃぶりが歯並びを悪くする要因になる

歯の生え変わり時期に指しゃぶりのクセが残っていると、歯並びを悪くする要因になることがあります。4歳を超えても指を強く吸っている子は珍しくありませんし、小学校に入っても指しゃぶりがやめられない子もいます。指しゃぶりをすると前歯が出るため、歯並びが悪くなってしまいます。

昔は指にカラシを塗る、包帯で巻くなどの荒療法もありましたが、指しゃぶりのクセが抜けない子は、寂しいなど精神的なストレスを抱えている場合もあるため、過度に禁止すると悪化させてしまうこともあります。子どもが指しゃぶりをしている時は、その手を握ってあげる、寝ながら吸っている場合は、そっとはずしてあげるなどの方法で対処することができます。

6歳になると永久歯に生え変わる時期を迎えます。それまでに 指しゃぶりをやめておくとよいでしょう。永久歯の本数が少ない、生えてくる時期が遅い場合も、レントゲンでチェックができます。疑問や悩みがある場合は、お気軽にスマイリー歯科にお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス