0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電動歯ブラシデビューを検討している人へ~普通の歯ブラシとの違い~

電動歯ブラシ

歯に磨き残しがあると、そこから虫歯や歯周病の原因になってしまいます。丁寧にキレイなブラッシングを心がけたいところですが、皆さんは歯磨きをするとき、普通の歯ブラシを使っていますか。それとも電動歯ブラシを使っていますか。

最近では、電動歯ブラシの性能も向上しており「音波歯ブラシ」という音波で歯を磨くタイプのものも登場しています。今回は普通の歯ブラシから電動歯ブラシへの移行をお考えの方に、アドバイスをさせていただきます。

「電動歯ブラシ」安価なものから高価なものまで幅広いラインナップ

電動歯ブラシの値段は下がっており、家電量販店では1,000円~1,500円の安価なものも販売されています。先端のブラシが高速で回るタイプが主流ですが、値段が安いからといって、効果が期待できないというわけではありません。安価なタイプの電動歯ブラシでも、磨き方をしっかりと理解すれば、普通の歯ブラシよりも効果的に歯垢を除去することができます。

電動歯ブラシは先端が丸い形のタイプもあり、歯の表面を磨くには適していますが、普通の歯ブラシのように手を上下する細かいブラッシングは苦手なモデルもあります。安価な電動歯ブラシで磨く場合には、仕上げの段階などで普通の歯ブラシも合わせて使い、歯の裏側や奥歯を重点的に磨き直すなど、双方のメリットを活かすようなブラッシングを心がけると良いでしょう。

電動歯ブラシの場合、先端のブラシが複雑な動きになるほど、値段も高くなる傾向にあります。ブラシの種類も豊富に用意されているので、毛の柔らかさや形状など、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

ただし1本約20,000円するような音波はブラシなどと比較すると、1,000円~1,500円の電動歯ブラシは安い分それなり…という結論になってしまいます。そんな高価な音波歯ブラシについてお伝えいたします。

電動歯ブラシの中でも高価な「音波歯ブラシ」とは

電動歯ブラシは、高性能のモデルも販売されており、1本20,000円ほどする「音波歯ブラシ」という商品もあります。先端が高速で動く電動歯ブラシは振動数が1分間に3,000~10,000回なのに対し、音波歯ブラシは1分間に30,000回以上振動するなど、10倍以上の振動数を誇るモデルもあるほどです。普通の歯磨きと違い、歯垢を浮き上がらせて除去するため、虫歯予防には大変効果的と言えるでしょう。

音波歯ブラシは、普通の歯ブラシと違い、ブラシを上下するようなブラッシングは必要ありません。歯の表面に軽く当てるだけで音波が歯垢を除去してくれます。ただし、先端は強い力がかかっている場合もあるので、歯茎などに直接当たらないように気をつけて磨きましょう。歯と歯の間を磨く音波歯ブラシもあり、エアーで強い水を当てることで、隅々までブラッシングをすることができます。

オススメの音波歯ブラシは、フィリップスのソニックケアーやブラウンなど、10,000円~20,000円と高額ではありますが、とても高性能です。

電動歯ブラシをお考えの方へ

普通の歯ブラシでは歯垢を除去できているか不安になるという声を耳にします。それがきっかけで、電動歯ブラシを購入される方もいらっしゃいますが、まずは自分の歯磨きで、どこまで歯垢を除去できているのかチェックしてみるのはいかがでしょうか。

薬局で買うこともできる、磨き残しが赤くなる「歯垢染色剤」を使ってチェックしてみてください。ブラッシングは人により上手・下手というものがあります。自分ではきれいに磨いているつもりでも、歯垢が残っていることがあるのです。これは電動歯ブラシを使いたての人にも言えることです。電動だからと安心していると、いつも磨けていない部分があり、そこから虫歯になるケースも十分に考えられます。歯垢染色剤で歯磨きのチェックをしたのちに、電動歯ブラシを導入するとなお良いでしょう。

また、電動歯ブラシを使っているからと、ブラッシング時間を短縮される人もいますが、普通のブラッシングの時と時間は変えずに丁寧に磨くことをオススメしています。磨き残した歯垢は、虫歯や歯周病の原因になりますので注意しましょう。

ブラッシングが苦手な方には電動歯ブラシがオススメ

高齢者や手が自由に動かせない場合にも電動歯ブラシは有効です。普通の歯ブラシのように手を上下する必要もなく、音波歯ブラシの場合は、歯の表面に当てるだけなので、簡単に磨くことができます。

電動歯ブラシは歯を白くするものだと勘違いしている方もいますが、あくまでブラッシングができる機器だと考えたほうが良いでしょう。また、普通の歯ブラシと同様に、ブラシ部分も定期的に交換する必要があります。普通の歯ブラシは数百円で購入できますが、音波歯ブラシのヘッドになると1,000円以上するものもあります。導入を検討される方は、ランニングコストについても意識する必要があります。

家電店に行っても多くの機種が並んでいて、何を選んだら良いのかわからないという人も多いでしょう。口腔内の状態によっても使いやすさは異なりますので、性能重視で購入するのは考えものです。スマイリー歯科ではご希望のお客様にぴったりの電動歯ブラシや音波歯ブラシをご紹介しております。

また、電動歯ブラシの購入は考えていないけれども、自分のブラッシングに自信がない方もお気軽にご相談ください。丁寧な歯磨きに加え、デンタルフロスなどを用いることで、電動に頼らなくても十分に歯垢を落とすことができます。毎日使う歯ブラシですので、快適なものを選んで、歯のトラブルを未然に防ぎましょう。

歯に関することなら、梅田の歯医者スマイリー歯科までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ