0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

歯の黄ばみの7つの原因と対策

歯の黄ばみ

日常の生活の中でしっかりと歯磨きをしていたとしても、食事や飲み物などの影響で少しづつ歯は黄色くなっていきます。

実際に歯が黄ばんでくる事でこういった悩みがありますよね。

  • 歯を出して笑うと印象が悪くならないか不安
  • 老けて見えるんじゃないか不安
  • 異性に不潔に思われないか不安

こういった悩みのせいで、いつも遠慮がちに生活をして、ストレスが気付かないうちにたまっていくなんてことも少なくありません。

今回は、上記のような悩みのある方に向けて、歯の黄ばみの原因と落とし方についてご紹介いたします。

歯の黄ばみの7つの原因

黄ばみがある歯

歯が黄ばむ原因は食事や飲み物、タバコなどだけではありません。コーヒーやたばこが原因と思って対処しても白くならなかったという方もおられます。

ここでは、実際によくある歯の黄ばみの原因を7つご紹介します。

1、飲食物による着色

普段の生活の中で、食べたり、飲んだりした物が歯に付着することで起こります。
食事や水分補給は人間として生活する上で不可欠なものですので、一番多い歯の黄ばみの原因です。

着色の原因になりやすいものとして、以下のものがあります。

ポリフェノールやタンニン、カテキンが入っている飲み物

紅茶、コーヒー、赤ワインなどがあり、これらを摂取することでポリフェノールがステインになったり、タンニンやカテキンなどの成分が歯に付着し黄ばみになります。

着色料が濃い食べ物、着色料が含まれている調味料

カレー、ソース、醤油、ケチャップなどがあり、これらの合成着色料が歯に付着し黄ばみになります。

その他、うがい薬のイソジンに含まれるヨウ素でも着色する場合があります。

2、虫歯がある

虫歯が原因で歯が茶色くなる場合もあります。
虫歯菌が出す酸によって、歯のエナメル質や象牙質が溶けていく「脱灰」が原因で歯が茶色くなっていきます。

3、先天的なもの

生まれつき歯の色が黄色くなっている方もおられます。
もともと歯の色は人によって生まれつき違うものです。その中でも、遺伝だったり、エナメル質が少なかったり、病気や薬の影響で歯が黄ばんでいるように見えることがあります。

4、神経が死んでいる歯

歯の中の神経である歯髄が死んでいたり、虫歯などの治療で抜いていると歯が黄色く見えることがあります。
歯髄を取ると、歯に栄養分がいかなくなり、ちょっと黒くなることがあります。

5、タバコの喫煙

タバコのヤニが歯に付着して起こります。

6、加齢によるもの

年齢を重ねるとともに歯が黄色くなってくる事があります。
歯も弱くなっていきますし、毎日の食事の中で歯のエナメル質が減っていくことが原因です。

7、斑状歯(はんじょうし)

以前は、幼少の頃に虫歯治療として高濃度のフッ素が配合された虫歯の進行止めを塗ると、歯に黒い斑点や白い斑点などができるという事がありました。現在は虫歯止めを塗る事がなくなってきていますので、斑状歯が原因による歯の黄ばみは少なくなってきていると考えます。

まとめ

このように歯の黄ばみの原因はたくさんあります。

細かい事を言えばもっと原因もありますが、確実なのは毎日の歯磨きなどだけでは予防できなかったり、改善されなかったりすることもよくあります。

どの原因による黄ばみなのかによって、歯を白くする方法も異なってきます。

それでは次に、綺麗な白い歯にする方法をご紹介します。

歯の黄ばみの落とすならホワイトニング

歯の黄ばみの落とし方

歯の黄ばみを落とすには、大きく分けて「クリーニング」「ホワイトニング」の2つの方法があります。

  • クリーニングは、表面の着色汚れなどを磨いて歯を白くする方法です。
  • ホワイトニングは、歯の中から脱色して白くする方法です。

また、ホワイトニングには、「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

自宅で行うホームホワイトニング

専用のマウスピースを作り、薬剤を入れて装着する事で歯を白くしていきます。

マウスピースを装着するだけですので、テレビを見たり、本を読んだりなど、いろいろな事をしながら行う事ができます。

その他、歯の消しゴムなど自分でクリーニングができるものありますが、うまくできなかったり、日々行わないといけないので、忘れてしまって継続することが面倒になる事もあります。

歯医者で行うオフィスホワイトニング

歯医者で歯の表面に薬剤を塗り、光を照射して歯を白くしていきます。
1回のホワイトニングで黄ばみをキレイに落とす事ができます。

→ ホワイトニングについてもっと知りたい

原因がタバコと先天性の場合は回数が増えることも

黄ばみの原因の種類により、ホワイトニングの仕方や回数が変わる場合があります。

例えば、タバコが原因の場合は、ヤニが付着している歯には、ヤニ取り用のクリーニングを行う事でヤニが取れますが、歯茎が黒くなっている場合は、歯茎のホワイトニングが必要な場合があります。

歯茎のホワイトニングは、ピーリングで歯茎を一層めくる事でピンク色にする方法です。15~20分で終わり、多少違和感を感じる方もおられますが痛みはありません。

先天性的に黄ばんで見える歯の場合は、神経が生きている歯であればホワイトニングの効果はあります。着色による黄ばみより落ちにくいため、ホワイトニングの回数が増えることはあります。

ホワイトニングの効果がない人もいる

虫歯と神経が死んでいる歯に対しては、オフィスとホームの2種類のホワイトニングでは効果が得られません。

こういった歯を白くする方法をご紹介します。

虫歯のあった歯を白くする方法

歯を白く見せる事はできます。

虫歯になった歯を削ってから、白い合成樹脂を詰める事で白くする方法です。

神経が死んでいる歯を白くする方法

神経が死んでいる歯に対してはオフィス、ホームどちらのホワイトニングを行っても効果がありません。

無カタラーゼ症と知覚過敏の人はホワイトニングができない

知覚過敏と無カタラーゼ症の方は、そもそもホワイトニングを行う事ができません。それぞれの出来ない理由をお伝えします。

<無カタラーゼ症の場合>

健康な方の場合は過酸化水素を分解する酵素を備えていますが、体内のカタラーゼが不足しているために、無カタラーゼ症の方は過酸化水素が分解できません。その為、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招く可能性もあります。

<知覚過敏がある場合>

ホワイトニング剤が歯にしみるため、ホワイトニングの継続ができません。

ホワイトニングのまとめ

これらの症状は、日常生活では気づかない場合もありますので、ご自身でクリーニングやホワイトニングを行う前に、まずは歯科医のカウンセリングを受けて歯の状態を確認する事をお勧めします。

また、知覚過敏と無カタラーゼ症の方に関しては、ホワイトニングを行う事はできませんがクリーニングはできます。

他にもセラミックの歯を被して、差し歯にする事で歯を白く見せるという方法もあります。

毎日の生活の中でできる歯の黄ばみ対策

毎日の生活は歯の状態を変える

日常を過ごしているうちに歯は黄ばんでいきます。
その中でも黄ばみやすい人とそうでない人がいますが、その違いは生活習慣にあると考えます。

生活習慣を意識して歯を黄ばみにくくする

以下のような人は歯が黄ばみやすくなるのはお分かりいただけているかと思います。

  • 毎日、コーヒーや紅茶を飲む人
  • 着色料が多い食べ物をよく食べる人
  • タバコを吸う習慣がある人
  • きちんと歯を磨かない人

これら生活習慣が原因の黄ばみを抑えるには、着色しやすい食べ物や飲み物を摂取しない、タバコを吸わないなどとなってしまいます。

生活習慣を変えるのはなかなか大変な事ですが、一度試してみるのをお勧めいたします!

ただ、やっぱり生活習慣を変えるのは無理!という方もおられると思いますが、こういった方がホワイトニングを行い白い歯になったとしても、実は後戻りで歯が黄ばんでくることもあります。ホワイトニングの後も十分なケアが重要になってきます。

それでは白い歯を維持するための方法をご紹介します。

白い歯を維持するために効果的な方法

最も効果的な方法は、「Wホワイトニング」を行なう事です。

ホワイトニングにも2種類ありますが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたものを「Wホワイトニング」といいます。

4~6ヶ月ごとに歯医者でのオフィスホワイトニングを行い、その間は自宅でホームホワイトニングを行う事で、継続的に着色を予防したり、ちょっとついてしまった黄ばみも取る事ができます。

もちろん、食後の歯磨きを行う事も大切です。
食後すぐに歯を磨くことはなかなかできない事もあるかと思います。30~40分くらいあけてから歯磨きを行うくらいがちょうど良いかと思います。

また、塩を使った歯磨きも効果的という話があります。塩には血行を良くする効果があり有効ですが、塩を直接つけて歯を磨くと、歯の表面や歯茎を傷つけてしまう恐れがありますのでお勧めしません。塩を使いたいという方は、塩が配合されている歯磨き粉を使うことをお勧めします。

なお、自分で行う歯磨きについては、歯垢を取ることがメインとなりますので、歯の黄ばみを完全に抑えることはできません。

ホワイトニングやクリーニングを毎日の生活の中に取り入れて、歯が黄ばみにくい生活習慣を身につけていくことが大切です。

歯の黄ばみを落として素敵な笑顔に

歯が白くてステキな笑顔

歯の黄ばみの悩みで多いのは、歯を見せて笑う事ができないなどの見た目の印象です。確かに、笑って白い歯が見える方が爽やかに見えたり、清潔感を感じられたりすることが多いと思います。

ということは、歯のクリーニングとホワイトニングを行って白い歯になれば、歯を気にせず笑う事ができるようになり、相手が感じる印象も更に良くなるのではないでしょうか。

実際に、ホワイトニングには就職活動前の学生や営業などの人前に出る仕事をされている方も来られます。

このように、相手の印象を意識して歯を白くされる方も増えています。また、年齢層も幅広く、若い人だけでなくご年配の方もホワイトニングを行う事が多くなってきています。

歯の黄ばみが気になる方はまず、お近くの歯科医にご相談ください。

大阪で歯の黄ばみが気になる方はスマイリー歯科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ