0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

コーラを飲んでも歯は溶けない!歯が溶ける酸蝕歯と虫歯の違い

歯が溶ける酸蝕歯と虫歯の違い

「コーラを飲みすぎたら、歯が溶ける!」

こんなことを言われたり、言った経験はみなさんあるのではないでしょうか?

そして、「歯が溶けたら虫歯になる」という話も聞かれたことが1度はあるかと思います。

しかし、歯が溶けるということと、虫歯になるということは、厳密にいうと違います。

歯が溶けていく症状のことを酸蝕症(さんしょくしょう)といい、その酸蝕症になった歯のことを酸蝕歯(さんしょくし)といいます。

酸蝕症や酸蝕歯という言葉を始めて聞かれる方も多いかと思いますので、今回はこの酸蝕歯と虫歯の違いについて説明させていただきます。

歯が溶ける酸蝕歯の原因

酸蝕歯は、歯が酸性のものなどに触れることで起こります。

酸性のものといっても、炭酸飲料のような弱酸性のものではなく、硫酸などの強烈な酸です。

なので、コーラで歯は溶けません

しかし、硫酸なんて強烈な酸があたることは無いよと思う方もおられるかもしれませんが、酸蝕歯になる可能性のある方がおられます。

  • 硫酸などの強酸性のものを扱う職業の人
  • 先天性の病気を持っている人

職業として硫酸などの強酸性のものを使用している方などは、仕事中に硫酸などが口の中に入ってしまう可能性があり、口の中に入った硫酸によって歯が溶かされてしまい、酸蝕歯になることがあります。

また、梅毒という病気は歯を溶かしてしまうため、先天的に持たれている方は酸蝕歯になっていることがありますが、硫酸などの強い酸を口に含むことなどは、日常生活の中ではほとんどありませんので、後天的に酸蝕歯になる人はほとんどいないと思います。

では、なぜコーラを飲むと歯が溶けるという話が生まれたのでしょうか?

それは、コーラを飲んで虫歯にならないように、という注意から出てきたのではないかと思われます。

虫歯は食物や飲料の糖分による脱灰が原因

虫歯の場合、歯科の用語では歯が溶けるとは言わず、歯が脱灰するといいます。

脱灰するとは、歯の表面で虫歯菌が繁殖し、エナメル質が失われてしまうことです。

そのまま進行していくと、エナメル質だけでなく、歯そのものに穴があいてしまい、虫歯となってしまいます。

この虫歯菌などの細菌の繁殖に必要なものは、砂糖などの糖分で、コーラにはこの糖分が多く含まれているため、虫歯になりやすいと言われていると思います。

そのため、厳密にいうと、コーラや炭酸飲料などの炭酸が歯を溶かすのではなく、糖分によって繁殖した細菌が歯を脱灰して虫歯になるということです。

「コーラを飲み過ぎると歯が溶ける」というのは、子供がコーラを飲み過ぎて虫歯にならないように気をつけてほしいと考えるお母さん達から広がったのかもしれませんね。

酸蝕歯になった歯に対する治療方法はない

虫歯の治療方法については、歯医者で銀歯やセラミックの歯にしたり、詰め物をしたりすることで治療をできるということはご存知かと思いますが、酸蝕症になった歯の治療はしようが無いというのが現状です。

もし歯が酸蝕症になってしまった場合、入れ歯にすることはできますが、虫歯のように部分的に治療することができないという点が大きな違いです。

また、予防についても、虫歯の場合であれば、食後の歯磨きや、自宅または歯医者でのクリーニングによって予防ができますが、酸蝕歯の場合は、仕事で硫酸などの強力な酸を使われるという環境的な要因が大きいので、なかなか予防ということも難しいかと思います。

コーラは炭酸よりも糖分が歯に悪影響を与える

ここまで、歯が溶ける酸蝕歯と虫歯の違いについて説明させていただきました。

実際、コーラなどの炭酸が歯に全く影響を与えないかというと微妙なところですが、少なくとも飲みすぎたからといって、歯を溶かすようなことはなく、その前にコーラに含まれる糖分によって虫歯になる可能性の方が高いと思います。

その他に虫歯になりやすいものとして、砂糖が入っているもの、チョコレート、キャラメルなどがあります。

当然、虫歯にならないようにするためには、糖分を多く含むような甘いものを摂取しなければいいということになりますが、果物にも糖分は含まれていますので、普段の生活の中で糖分を取らないということはなかなかできません。

そこで、食後の歯磨きや定期的なクリーニングが重要になってきます。

なお、キシリトールが歯に良いということは、よく聞かれると思いますが、人工甘味料は砂糖などの糖分に比べ、虫歯になりにくいです。
ただ、人工のものになりますので、歯以外の他の身体には良くないことがあるかどうかはわかりませんが、キシリトールは虫歯になりにくいという点では有効です。

このように、コーラを飲み過ぎると歯が脱灰して虫歯になることはありますが、歯が溶ける酸蝕症(酸蝕歯)になることはありません。

とはいえ、虫歯になってしまった場合、放置しておいても良いことはありません。なのでコーラや砂糖の入った飲料をよく飲まれるで歯の状態が気になる方は、まず歯科医院の診察を受けられることをオススメします。

大阪での歯が溶ける酸蝕歯や虫歯のご相談はスマイリー歯科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ