0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

日本で販売されているホワイトニングできる歯磨き粉は研磨剤で白くする

研磨剤入りの歯磨き粉でホワイトニングされた歯

「ホワイトニングもできる歯磨き粉があったらほしい!」

「毎日の歯磨きの中でホワイトニングもできたら時間も短縮できて楽!」

ホワイトニングの効果がある歯磨き粉があれば、毎日の歯磨きの中でホワイトニングもできて便利だと思いますよね。

日本で販売されている歯磨き粉の中にも、ホワイトニングの効果があると言っているものはあります。

しかし、本当の意味でホワイトニングができる歯磨き粉はありません!

「ホワイトニングの効果があるのに、ホワイトニングできる歯磨き粉はないってどういうこと?」と疑問に思われる人も多いと思います。

そこで今回は、歯磨き粉の中でもホワイトニングできる歯磨き粉について書かせていただきます。

日本で販売されているホワイトニング効果のある歯磨き粉には研磨剤が入っている

日本で販売されている歯磨き粉に本当の意味でホワイトニング効果がないという理由は、ホワイトニング剤が入っていないためです。

ホワイトニング剤が入っていないことにより、歯の色を白くすることができませんので、ホワイトニング効果がないということになります。

では、なぜホワイトニングの効果があると言われている歯磨き粉があるのでしょうか?

それは、ホワイトニング効果があると言われている歯磨き粉には研磨剤が入っているためです。

日本では薬事法などの法律の関係により、ホワイトニングの薬液が入った歯磨き粉を販売することが禁止されているため、研磨剤が入った歯磨き粉を使うことで、歯の表面を研磨して白くする効果を出しています。

「研磨剤が入った歯磨き粉って、歯の表面を削ったりするから歯に良くないのでは?」

と思われる人もいらっしゃると思いますが、歯磨き粉の研磨剤については以前に別のコラムで書かせていただいていますので気になる人は下記コラムを読んでみてください。

歯医者が教える!歯磨き粉の研磨剤入りと無しの効果の違い

日本ではホワイトニングの薬液が入った歯磨き粉は販売されていませんが、実は海外では市販されているものもあります。

アメリカや東南アジアなどでは、ホワイトニング効果のある成分が配合された歯磨き粉を販売することは法律的にも問題がなく、スーパーマーケットなどで販売されていて、旅行などでアメリカなどの海外に行った日本人も普通に購入することができます。

海外で市販されている全ての歯磨き粉がどの程度ホワイトニングの効果があるかまでは分かりませんが、特に歯医者の間でホワイトニングの効果があると言われている歯磨き粉は、コルベートというメーカーの「オプティックホワイト」という歯磨き粉です。

赤い外箱に入ったこの歯磨き粉には、ホワイトニングの薬液が入っていますので、本当にホワイトニングの効果があり、毎日、丁寧に歯を磨いていたら1ヶ月くらいで歯が白くなります。

このオプティックホワイトで使用されているホワイトニングの薬液が未承認となっているため日本では販売できませんが、歯医者の間では有名な歯磨き粉で、インターネット通販でも購入することができます。

日本でも個人で購入することも問題ありませんので、ホワイトニングの効果を体感してみたい人は一度使ってみてもいいかもしれません。

しかし、海外の歯磨き粉には少し抵抗があったり、わざわざ購入するのは面倒という人はどうすれば良いのか気になると思います。

海外の歯磨き粉を使わない場合にはどうすればいいのでしょうか?

研磨剤入りの歯磨き粉での歯磨きとホームホワイトニングを同時に行うと歯は白くなりやすい

海外の歯磨き粉に入っているホワイトニング溶液は、歯医者が使っているホワイトニング溶液よりは効果が弱いものですので、一番ホワイトニングの効果があるのは歯科医院でのホワイトニングです。

歯科医院でのホワイトニング(オフィスホワイトニング)が一番ですが、家でできるのであれば家でやりたいという人には、以下の2つの方法を同時に行うことをオススメします。

  • 日本で市販されている研磨剤入りの歯磨き粉を使った毎日の歯磨き
  • マウスピースにホワイトニングの薬剤を入れて行うホームホワイトニング

ホームホワイトニングにもいろいろな種類がありますが、マウスピースにホワイトニングの薬液を入れてやるのが一番効果がありますので、このホームホワイトニングを行いながら、普段は、研磨剤入りの歯磨き粉を使用した歯磨きを毎日丁寧に続けることでホワイトニングの効果が高まります。

毎日行う歯磨きだからこそ歯磨き粉もより良いものを使う

日本で市販されている歯磨き粉には、界面活性剤やミントが入っているものが多いため、歯磨き後もスーッとする感覚があり、簡単に磨いただけでもキレイに歯を磨くことができたような感覚になります。

しかし、それでは、歯に付着した汚れや着色が十分に落ちていないこともありますので、丁寧に磨くことが大切です。

また、歯磨き粉についてもいろいろな種類があります。

市販の歯磨き粉は250円くらいのものが多いと思いますが、歯科医院で販売されている歯磨き粉は1,000円~15,00円くらいのものもあります。

歯磨き粉に1,000円は高いと感じられる人もいらっしゃるかと思いますが、当然、歯磨き粉に配合されている成分が市販の歯磨き粉よりも良いものですし、毎日3回の歯磨きで使用することを考えると、1回あたり10円よりももっと少ないので、長い目で見ると良い歯磨き粉を使う方が歯にとっては良いことと思います。

また最近では、天然成分のものを使いたいと考えている人も多くなってきていて、天然成分のみが配合された歯磨き粉を使う人も多いかと思います。

市販の歯磨き粉でも、このような天然成分の歯磨き粉はありますが、研磨剤が入っていない分、歯は白くなりにくいかもしれません。ただ、その分、歯茎を刺激しないため、歯茎には優しいです。

とはいえ、研磨剤入りの歯磨き粉が歯茎に良くないかというとそんなことはありません。

日本は法律などが厳しいため、歯磨き粉の研磨剤に使用する成分にも厳しく、使用されている研磨剤で歯を傷つけることはありませんので、虫歯や歯周病の人でも問題なく使えます

まとめ

このように、歯医者で販売しているものも含めて日本で販売されている歯磨き粉にホワイトニング効果があるものはありません。

研磨剤で歯の表面をきれいにすることで、歯を白くすることはできますので、歯磨きでホワイトニングしようと思ったら、日本では研磨剤入りの歯磨き粉を使うことになります。

その他にも、近年増えてきている知覚過敏の人にはコーティング剤が入っている歯磨き粉がオススメです。

フッ素入りの歯磨き粉を使うことで、フッ素が歯も表面をコーティングしますので、汚れがつきにくくなり、傷などもつきにくくなって、着色しにくくなります。

歯磨きをする中で歯の汚れを落としてきれいにするのは歯ブラシの役目で、歯磨き粉は補助のものですので、あまり歯ブラシにつけすぎず、丁寧に磨くことで、きれいで白い歯を保つことができますので、一度ご自身の歯の磨き方や歯磨き粉を見直してみてはいかがでしょうか。

大阪で歯のホワイトニングや歯磨き粉についてのご相談はスマイリー歯科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス