0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

歯のホワイトニングで歯茎がしみる理由と黒ずみが取れない理由

歯のホワイトニングでは歯茎の黒ずみはきれいにならない

「ホワイトニングで歯を白くしたいけど歯茎が傷まないか心配」

「ホワイトニングしたら歯茎もきれいになるの?」

ホワイトニングで白くてきれいな歯にしたいけど、歯茎に悪い影響がないか心配になったり、痛みが出たりしないかが気になっている人もいらっしゃると思います。

また、歯をホワイトニングで白くしたら、歯茎も健康的なピンク色にしたいと思っている人もいらっしゃるでしょう。

ただ、実際にホワイトニングをしたときに、歯茎がどうなるのかについては分からない人が多いと思いますので、今回は、歯のホワイトニングを行ったときの歯茎について書かせていただきます。

歯茎の状態に関係なく歯のホワイトニングはできる

歯のホワイトニングを行うときに心配になることの1つとして、歯肉炎などの歯周病といった歯茎の病気があると思いますが、歯のホワイトニングは歯茎の病気に関係なく行うことができます。

しかし、ホワイトニングを行った人の中には以下のような症状が出たという人もいらっしゃいます。

  • 歯茎が白く変色してヒリヒリした
  • 歯茎がしみた

これは、ホワイトニングで使用する薬剤が歯茎について反応したためですが、ホワイトニングを止めて、うがいをすれば、だいたい1日くらいで治まります。

この歯茎のヒリヒリやしみるといったことは、歯茎の病気などは関係なく、歯茎が敏感な人に起こる可能性があるものですので、ホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも起こる場合があります。

家で行うホームホワイトニングの場合は、ホワイトニングの薬剤を付けすぎたりせず、適量を付けることを心掛けるといいかと思います。

また、歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、濃度が濃いホワイトニングの薬剤を使うときは、薬剤を塗る前に歯茎を保護するための薬剤を先に付けて、歯茎に直接ホワイトニングの薬剤がつかないようにします。

このように、ホワイトニングによって歯茎が白くなってヒリヒリしたり、しみたりすることはありますが、歯茎そのものが下がったり、下がっている人に起こる症状ということでもありません。

歯茎が敏感な人は体質的な影響のため健康な歯や歯茎でもなる場合がありますが、薬剤の濃度を薄くすることで抑えられることもあります。

もし、ホワイトニングをした後で、歯茎のヒリヒリやしみることによる痛みなどがどうしても我慢できないときは、痛み止めを飲むことをおすすめします。

歯のホワイトニングをしても歯茎はきれいにならない

ここまで、ホワイトニングの薬剤が与える歯茎への影響について書いてきましたが、ホワイトニングは歯を漂白するためのものですので、歯茎がどれだけヒリヒリしたり、しみたりしたとしても、歯茎がきれいになることはありません

ちなみに、ホワイトニングの効果がある歯にも条件があります。以下のような歯については効果がありませんので、ご注意ください。

  • 神経が死んでいる歯
  • 被せ物の歯
  • 無カタラーゼ症の方

また、抗生物質(テトラサイクリン)で黒ずんでしまった歯については、ホワイトニングを行うと少しは白くなりますが、元の白い歯に戻りにくく、歯が灰色のようになります。

その他、ホワイトニングに使用する薬剤の濃度によって歯がしみる人もいますが、この場合は濃度が薄い薬剤を使用して時間をかけてホワイトニングを行うことで効果が出ますが、濃度が薄い薬剤でも歯がしみるというには、薬剤を使用しないセルフホワイトニングをおすすめします。

歯茎をきれいにしたいならピーリングがおすすめ

健康できれいな歯茎というと、ピンク色の歯茎をイメージされる人がほとんどかと思います。

しかし、長年の生活習慣の中で、歯茎に黒ずみができてしまっている人もいらっしゃいます。

これは、普段からタバコを吸っている人や、コーヒーなどの着色しやすい成分を多く含んだ飲料をよく飲む人や、食べ物を食べる人がなりやすくなっています。

このような歯茎の黒ずみに悩んでいる人には、歯茎のホワイトニングとも言われるピーリングをおすすめします。

ピーリングとはその名前の通り、歯茎の表面の層を皮を剥くように黒ずんだ部分を取ってしまうことですが、実際に歯茎の皮を剥くようなことを行うわけではありません。

歯茎にピーリング用の薬剤を塗ってから2~3日が経過すると、歯茎の表面の黒ずんだ層の部分が剥がれ、その下の層の健康的できれいなピンク色の歯茎が出てきますので、ピーリングを行う際に、痛みなどを伴うことはありません。

歯茎のピーリングについても、歯茎が黒ずんで悩んでいる人よりも、普段仕事で営業をしていたり、接客をしているような人が、よりきれいな歯茎にしたいという理由で行われることが多いです。

このように、歯のホワイトニングで歯茎がヒリヒリしたりしみることはありますが、同時にきれいなピンク色になることはありません。

歯茎をきれいにしたとお考えての方は、歯のホワイトニングとは別に歯茎のピーリングを行うことをおすすめします。

大阪でホワイトニングする際の歯茎の状態が気になる方はスマイリー歯科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス