0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

ホワイトニングしても口臭は治らない!口臭の原因にあった対策を

ホワイトニングで口臭を治そうとしている歯

「ホワイトニングをすると口臭も治るのかな?」

歯の白さと口臭の両方が気になる人もいらっしゃると思いますが、そのような人の中には、歯のホワイトニングをすることで口臭も治ることを期待されている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、歯をホワイトニングしても口臭は治りません

口臭の原因はホワイトニングでは改善できないもの場合がほとんどですので、今回は口臭とホワイトニングの関係について書かせていただきます。

口臭の原因は口の中と胃だからホワイトニングでは改善されない

口臭の主な原因は、です。

口が原因の場合は、歯周病など歯や歯茎の病気が原因であることが多く、胃が原因によって、お腹からくる口臭については、食べ物や腸などの病気によって臭いが発生している場合があり、どちらも歯の表面を白くするホワイトニングを行っても改善できません。

そのため、口臭が気になる人は、まず原因となっている部分を特定し、歯周病や胃腸の病気があれば治療することが大切です。

歯周病などは歯科医院で分かりますが、口臭については口臭測定器を使って調べる歯医者がほとんどですので、胃腸などが原因の場合はすぐには分かりません

口臭測定器で計測し、口臭の原因が口腔内ではない場合は、内科などを受診して原因を調べることをおすすめします。

ホワイトニングによって口臭が改善されたと感じるのは薬剤の成分

口臭の原因がホワイトニングでは改善できない点について説明しましたが、ホワイトニングによって口臭が治ったと思う人がいる点についても理由があります。

ホワイトニングで使用している薬剤には以下の2つの成分が配合されているため、口臭が改善されるのでは?と言われています。

  • 過酸化水素
  • 過酸化尿素

過酸化尿素は消毒液などに使われている成分で、殺菌効果があります。

この2つの成分により、歯茎の状態が良くなることによって口臭が改善されるという話も一部では出ていますが、学会などでちゃんと証明された説ではありません。

過酸化水素や過酸化尿素は、ホワイトニング剤には全て使われていますので、もともと歯周病などが原因による口臭に悩んでいた人がホワイトニングを行ったときに歯周病が少し改善されて、口臭も治ったと思われたのかもしれません。

なお、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングどちらの薬剤にも過酸化尿素は入っていますが、セルフホワイトニングは光を当てることで歯の表面をきれいにするため、過酸化尿素なども使っていないので口臭の改善にはつながりません。

このように、ホワイトニングは歯の見た目を白くキレイにするためだけに行うものです。

口臭の予防にはならないことを分かった上で行うことをおすすめします。

口臭を改善するならホワイトニングより毎日の歯磨きとクリーニング

また、病気でなくても口臭が強い人の中には食べ物が原因である場合が一番多いです。

とはいえ、これまで日常的に食べてきた好きな食べ物を止めたり、減らすことはなかなかできないと思います。

そのため、普段の食べ物が原因の口臭を気にする人は、歯磨きなどを丁寧に行うことが大切です。

ホワイトニングの薬剤以外にも、歯を白さを取り戻すためにホワイトニングと同時に歯磨きなどを丁寧に行ったことによって、口の中が清潔になって口臭が改善されるという可能性もあり得ます。

ホワイトニングを行っていなくても、毎日の丁寧な歯磨きなどでケアすることによって、歯の汚れや歯周病を予防したり改善したりしていることもあります。

その他にもまず口臭を治したいと考えるなら、歯医者で診察を受けて歯のクリーニングなどをすることがおすすめです。

クリーニングによって歯に付着した着色や歯石などを除去して表面をキレイにすることで、口臭を改善できることもあります。

まとめ

口臭の原因は口の中や胃腸から発生しています。

胃腸からの臭いが原因であれば、歯医者ではなく内科などのお医者さんの診察を受ける必要がありますし、口の中が原因の場合は、歯周病などの病気と普段の食べ物などが考えられます。

口臭の原因となっている食べ物を変えられれば改善は早いと思いますが、好きな食べ物だったり、習慣として食べているものであればなかなか止められないと思います。

口の中のニオイは歯磨きで一時的に改善できるが、長年食べ続けたことによって、体から出てくるような臭いはどうすることもできませんので、注意が必要です。

口の中の臭いについては、食べ物以外に唾液の量が関係していると思います。

口の中が乾燥しているときに口臭が気になるという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

実際に口の中の乾燥が原因で口臭を感じることはありますので、唾液で常に口の中が乾かないようにした方がいいのは間違いありません。

唾液が少ない人などは、飴をなめたり、ガムを噛んだりすることで唾液が出やすい状態にしておくことがやりやすくて効果的です。

大阪でホワイトニングと口臭について相談したいとお考えの方はスマイリー歯科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス