0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

電話をかける場合はここをタップ!

0120-80-7048

〒530-0047 大阪市北区西天満6-7-2新日本梅新ビル2F

ダブルホワイトニングとは?| 白さを極める方に向いたホワイトニング方法

ホワイトニング

ホワイトニング方法を大きく2つに分けると、オーラルケア先進国の欧米ではかなり身近になっている、自宅で出来る「ホームホワイトニング」と、歯科医院で短時間で歯を白くする「オフィスホワイトニング」に分かれます。

「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」には、それぞれのメリット・デメリットがあるのですが、その双方のデメリットが補い合えるように生みだされたホワイトニング方法が、「ダブル(W)ホワイトニング」なのです。

今回の記事では「ダブルホワイトニング」とはどんなホワイトニング方法なのか、そしてどんな方に向いているのかなどの情報を簡単にまとめました。

ダブル(W)ホワイトニングとは?

疑問を持つ歯

「ダブル(W)ホワイトニング」とは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」の後に、自宅で「ホームホワイトニング」を続けるホワイトニング方法です。

2種類のホワイトニングを行うことから、”ダブル”と名前が付けられている訳ですね。

記事の冒頭で、「ダブルホワイトニング」には「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」のデメリットを補い合うような効果があると述べました。

これがどういう意味なのかもう少し分かりやすく説明するために、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」のデメリットを確認してみましょう。

ダブルホワイトニングの特徴は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのデメリットを理解すると分かりやすい

「オフィスホワイトニング」には、1回の来院・施術ですぐに歯が白くなる代わりに、色戻りしやすいというデメリットがあります。

一方、「ホームホワイトニング」には自宅で出来る代わりに、歯が白くなるのに時間がかかるというデメリットがあるのです。

ただ「ダブルホワイトニング」として、上記2つのホワイトニング方法を両立させれば、色戻りしやすい・歯が白くなるのに時間がかかるといったデメリットを解消することが可能です。

こうした理由から、“ダブルホワイトニングが確実に歯を白くし、さらに維持できる方法”として支持されています。

ダブルホワイトニングを行うことがオススメの人

オススメイメージ

  • 短期間で歯を白くしたい人
  • 歯の白さを長持ちさせたい人
    (オフィスホワイトニング後の色戻りを防ぎたい人)

もちろん、オフィスホワイトニング用の薬剤、ホームホワイトニング用の薬剤どちらも使用できる体質であることが条件です。

⇒ ホワイトニングができない人について知りたい方はコチラ
※「ホワイトニングをすぐにできない人と不可能な人について」のコラムへリンクしています。

ダブルホワイトニングの種類と料金(当院スマイリー歯科の場合)

  1. マイルドホワイトニング+ホームホワイトニング ⇒ 12,000円
  2. スタンダードホワイトニング+ホームホワイトニング ⇒ 17,800円
  3. ホワイトニングプラス+ホームホワイトニング ⇒ 22,800円

当院「スマイリー歯科」には、ダブルホワイトニングの種類が3種類あります。

といっても、ホワイトニング方法がまったく異なる訳ではなく、オフィスホワイトニング剤の強さによってプランを分けているので、実質的には1種類と言ってもいいかも知れません。

1番の「マイルドホワイトニング~」プランが最も薬剤が弱いプランであり、3番の「ホワイトニングプラス~」が、最も薬剤が強いプランです。

当然ながら、歯の白くなりやすさは「ホワイトニングプラス~」のプランへ近づくほど上がります。

しかし、「ホワイトニングプラス~」のプランで歯をしっかり白くしたいとお考えの方でも、これに耐えられる歯の強さでなくては、「スタンダードホワイトニング」あるいは「マイルドホワイトニング」しか選ぶことができないので、注意が必要です。

⇒ ホワイトニングの他のメニューを詳しく知りたい方はコチラ
※スマイリー歯科「ホワイトニング」のメニューページへリンクしています。

ダブルホワイトニングでは定期的な来院の必要はある?

歯科医院イメージ

「オフィスホワイトニング直後から、ホームホワイトニングを開始することで、歯の白さを維持できる」と聞くと、『歯を白くするために歯医者さんへ行くことは、もうしなくていい』と思われる方がまれにいらっしゃいますが、決してそうではありません。

ホームホワイトニングを、歯科医・歯科衛生士の指導のもと正しく行っていたとしても、歯の着色汚れは完全に防ぎきれないのです。

そのため、ダブルホワイトニングを行っているとしても、2ヵ月から3ヵ月に1度のペースで歯科医院へ行き、歯の着色汚れを落とすクリーニングを受けることをオススメします。

歯の白さを維持するという面だけでなく、虫歯や歯周病などの早期発見にもつながるので、あまり期間をあけすぎずに、歯科医院へ通うようにしましょう。

まとめ

以上、オフィスホワイトニングで得られる歯の白さを持続させたい方にオススメの、ダブルホワイトニングについてお伝えしました。

「そもそもホワイトニング自体が自分の体質に合うのかな?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、基本的に歯科医院では初回来院時にいきなりホワイトニングを開始することはなく、まずはカウンセリングを行い、どんなホワイトニング方法が適しているのか(またはホワイトニング自体が適していないのか)、きちんと調べるので安心です。

もしもダブルホワイトニング中に「オフィスホワイトニングの薬剤は平気だけど、ホームホワイトニングの薬剤を長く付けていると沁みる」などの異常を感じた場合は、無理にホームホワイトニングを続けず、主治医に相談してください。

大阪で歯のダブルホワイトニングを行うなら、スマイリー歯科にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

電話電話
メールメール
アクセスアクセス